即日融資可能のキャッシングをしてでも最大の資産に投資する

最大の資産というのは、結論から言うと自分自身です。株や不動産、債権などに投資するにしても、それを判断するのは自分です。勉強して能力を身につけておかないと、詐欺師のカモにされるだけです。

 

もともと例えば、大学生などは奨学金という借金をして大学に通うなどしています。金額的にはかなり大きなものですが、誰も疑問に思っていません。

 

当然の自己投資ということで、社会に出てから長年に渡って返済を続けています。

 

ところがいざ社会に出ると、大学の奨学金に比べてはるかに小さい金額でも自己投資にお金を使う人はあまりいません。勤め先がお金を出してくれればしぶしぶ講習会やセミナーに参加するという程度の人が多いでしょう。

 

でもそれでは本業でも専門家として活躍できるレベルには到達できませんし、ましてや本業以外の株や不動産投資などで成功するわけはありません。

 

私の知り合いでも不動産投資でかなり稼いでいる人がいますが、彼は、猛勉強して業者側の人間になり、良い物件を目利きして業者価格で購入して一般の人に販売しています。

 

そしてどのように販売すれば良いかなどのマーケティングやセールス、物件自体のリフォームや良い施工業者とのコネなど、様々な勉強により上手く利益をあげています。

 

このようなことは普通の人が営業マンの進められるままに、物件を購入して実現できることではありません。マイナスになるか、良くてトントンといった収支で終わるのが通常です。

 

私自身、若い頃は専門分野で活躍している中から個人的に師匠になってもらい、お金を払ってコンサルを受けたりセミナーに通ったりしていました。

 

そのお陰で良い人脈や仲間ができて、今もお金を稼ぐことができる状態を維持していますし、利益は増え続けています。その当時もごく普通のサラリーマンでしたので消費者金融のプロミスで即日融資をして、お金を払いコンサルを受けていました。

 

そのタイミングを逃していたら、多忙な師匠のためコンサルを受けられなかったと思うので良い選択だったと思います。ちなみにそれなりに高額でしたが、次のボーナス時までにかなりの金額の返済は完了しました。

 

その後は師匠の仕事を手伝ったり、今ではパートナーのような待遇で一部の仕事をともにする間柄になっています。

 

このように適切なタイミングで借金をしてでも自己投資をすれば、未来もかなり変わってくると言えます。ただ自己啓発系のようなセミナーはほとんど意味がないのでやめておきましょう。

 

あくまでも実践的なものか、会計学など間接的にビジネスに役立つものを選択するようにします。そしてもちろん金融投資の勉強もしていきましょう。その場合は、お金持ちが重視している長期投資の勉強がいいですね。

 

特に若いうちから自己投資を始めていけば大きな複利効果が得られるので、今すぐ自分に役立つ勉強を始めて行きましょう。