無駄な支出を削減して必要なものに投資

資産を構築していくためには、無駄な支出を削減していかなければいけません。本当はこれらは子供の頃からのトレーニングが大切です。

 

もしお子さんがいるのなら、今から学ばせていったほうがいいです。子供のころから行うのならシンプルにお小遣い帳を付けさせ、親がチェックしてあげるだけで力がついていきます。

 

あれはお金を貯めるために行うものではなく、お金を管理するための能力を付ける目的が大きいです。何にどれだけ使うか、収入の何割を貯金するか、など子供に考えさせ親がそれに対して、指導していけばいいのです。

 

これにより、無駄な支出などを抑えることができるようになります。このお金の管理ができないと、仮に年収が数千万円や一億円以上あってもほとんどお金が残らない、ということにもなりかねません。

 

実際にお金を稼ぐ人は、キャッシングやカードローンの融資枠も大きいので、借金まみれの人も多いのです。それに見栄を張る人だと贅沢品を買いあさったり、やたらと周囲にご馳走したがったりと、いくらあっても足りないような生活をしています。

 

私も含めてこういったお小遣い帳によるトレーニングを子供の頃から積んでいない場合は、稼げるようになると気が大きくなってこのような生活習慣になってしまうこともあります。

 

そのため大人になってから資金管理などを学んでいかなければなりません。やることと言えば、子供が行うことと基本的には変わりません。お金に関する支出入を記録していくのです。

 

ただ税務署に提出するようなものではないので、あまり神経質になる必要もありません。自分が分かるように記録していけば大丈夫です。

 

まずはすべての支出入を記録していき、支出に関してはそれが本当に必要なものか、もっと安いもので代用できないか、などシビアに検討していきます。

 

そうして検討するだけでは意味がないので、それを現実生活に落としこんでいきます。目標経費などを設定して、その範囲内で生活するようにします。

 

店員に進められるままに商品を購入、たった100円位構わない、などというぼやけた意識で買い物をしていると、いつまで立っても無駄な支出は減っていきません。

 

本当に必要なのかどうか、しっかりと検討してから購入し、きちんと目標経費内に毎月納まっているかチェックしていきましょう。これがいい加減だと、大きな買い物をする時も雑な価格交渉や業者選定をしてしまい、将来的にさらにお金の浪費をしてしまいます。

 

この基本的な節約の部分は非常に重要なので、常にお金の流れを記録を取りチェックすることを繰り返してください。これができれば資産構築の基礎ができますので、必ず実施してください。